Coding Memos

try {coding} catch {questions}

ゼロから作るDeep Learning ~Pythonで学ぶディープラーニングの理論と実装~【ゼロ作DL_0】

表題の本を購入しました。

f:id:codingmemos:20170220160425j:plain

これから、ちょっとずつ読み進めていき、ディープラーニングを学んでみたいとおもいます。

本書は、アマゾンでも評価がとても高く、ジュンク堂で買ったのですが、売り場では2016年4位の売り上げとなってました。 良書の匂いがプンプンします。

実際に、Twitterのフォロワーさんにもよかったですと教えていただいたので、これをベースにDeepに学んで行きたいです。

さて、読み終えるまでに、本ブログを通して、進捗と疑問を書いていこうと考えています。 ディープラーニングの先達の皆さんには、思いやりのある遠慮のない指摘をいただければとても励みになります。

そこで、自己紹介と私のレベル感を記述しておきます。

お前は誰だ?

TwitterでTake(@t_s_ink)で呟いてます。

技術的には、Wordpressのサイト構築などをやっていて、PHPerってことになるんでしょうか? この業界に入って、技術を触り始めて、ようやく2年が経った頃なので、Twitterでプロの皆さんのツイートみてると すごいなぁって思います。

他に触ったことがる程度の言語は、js, java, rubyくらいですかね。いずれも鼻くそみたいなレベルでしょうが。

私の出自としては、大学は薬学部出身で、大学院で、Neuroscienceを学んでいたので、AIには興味があります。 もっとも、本書で扱うような数学的な造詣はまるでないので、このあたりもこれを機に学ばないと、とおもっています。

Mediumでもブログを書いたりするのですが、技術的な分野ははてなブログの方が、Syntaxやら何やら便利かなと思って こっちのブログを再開しようと思いました。

自分のサイト作って公開、ってのもいいなと思ったんですけど、メンテするのめんどいんでw

私と同じくらいの経験値の方で、Deep Learningに興味がある人の一助となるように なるべく平易な言葉で学習ログを残していきたいなと思います。

タイトルには「ゼロ作DL」といれる

他の投稿と混じらないように、ゼロ作DLってタイトルに入れようかなと思っています。 アンスコ後の数字が、本シリーズのナンバリングとして考えていただければ。

引用・転載はどうぞご自由に

そして、このブログに書かれていることは、引用・転載はフリーです。どうぞご連絡なしに、Public Domain的に扱ってください。 ですが、内容の正誤については、私は責任を取れません。

というのも、これから学習を始める立場なので、正誤の判断がつかないことがあるからです。 よろしくお願いします。

同じ境遇の方々は、がんばりましょう! 先達の皆さんは、どうぞよろしくお願いします。

追記

環境はmacOS Sierraです。Pythonなどのバージョンや、個々の環境に関しては、都度更新していきます。